慶應愛書家倶楽部(Keio University Society of Bibliophiles)例会のご案内

慶應愛書家倶楽部(Keio University Society of Bibliophiles)例会のご案内

どなたでもご参加いただける公開イベントになります。

会場 丸善雄松堂書店 新宿区四谷坂町 10-10 一階ギャラリー
Tel. 03-3357-1417(古書部)

※参加お申し込みは下部でお願いいたします。

日時 2017 年 12 月 1 日(金)18:00-19:30

演題 「アーサ―・チャールズ・フォックス=デイヴィス旧蔵の紋章学コレクション」
Arthur Charles Fox-Davies (1871-1928)’s Working Collection on Heraldry

講師 Edward Potten (Former Head of Rare Books, Cambridge University Library)

フォックス・デイヴィス蔵書票

19 世紀ヴィクトリア朝社会では、騎士道など中世の復活という現象が見ら れたので、紋章への関心も高まってよく使用されました。1871 年にブリストルで生まれたフォックス・デイヴィスは、紋章をもたない家系で育ちながら、 幼少のころより紋章学に夢中になったのです。正式な教育を受けないまま弁護士、また作家として生活しながら、紋章に関する著作で有名になりました。 カラー図版を用いて多くの著作を出版しましたが、最も知られたのは『紋章学大要』(Complete Guide to Heraldry, 1909)です。個人紋章の制作を希望 する人々にアドバイスを与え、調査し、夫人がC.ヒラード(C. Helard)の 匿名でデザインしました。

Heraldic Drawing by C. Helard

今回展示するフォックス・デイヴィス夫妻の working collection には、過 去の研究書のほかに自著のinterleaved and annotated copiesや銅版による 蔵書票、またヴェラムに描かれた美術品にも匹敵するカラフルな紋章などが 含まれています。
講師のエド・ポッテン氏が、フォックス・デイヴィスの生涯と著作につい て解説した後、参加者の方々に紋章作品や著作に触れていただきます。

参加費は無料です。

2017年10月27日 慶應愛書家倶楽部会長 高宮利行

参加お申し込みは以下からどうぞ。

オールドイングランド道後山の手ホテル

愛媛県松山市の道後温泉にあるホテルに紋章がデザインされていました。

デザインとはいえ、王様の王冠が気になります。
分割シールドの説明の順番もこのままで良いのでしょうか?
できれば、blazoningまでこだわってアピールして欲しかったですね。
ゴシック体の文字の大文字小文字の使い方も気になります。

Armorial Manuscript

Armorial Manuscript

 

Thomas Penson Arms Painter, at the sign of the Kinges Armes on Ludgate Hill, where you may have Pedigrees, curiously written, and painted, Arms, Funerall-Escotcheons, Ensignes, Cornetts, Drums, Trumpett-Banners, or any thing drawn according to Helaldry, also palls of Velvit

Thomas Pensonは1691年から1693年まで、英国紋章院の紋章デザイナーの契約をしていたようだ。17世紀にはプロの紋章デザイナーが存在したことになる。本を通じて、17世紀の職人との接点を、夜な夜なカビ臭い匂いとともに思い浮かべるのが、なかなか楽しい時間だ。

 ちなみにインターネットで「Thomas Penson arms」で検索してみると、ある旅行記についての評論がひっかかってきた。Thomas Pensonは紋章関係で上流階級との接点があったのか、オランダやフランスにも旅行したらしい。_Penson’s Short Progress into Holland, Flanders and France_